• 日本語
  • ログイン
  • Contact Us
×

cPass™ テクノロジー

より安全に中和抗体を検出する方法

cPass™テクノロジーとは?

cPass™テクノロジーを使えば、ウイルスと宿主細胞の間の相互作用を模倣することによってサンプル中の総中和抗体(NAbs)を迅速に検出することができます。ウイルスが宿主細胞に感染するには、まず、ウイルスの受容体結合タンパク質(RBD)が宿主細胞の膜受容体タンパク質(ACE2)と相互作用する必要があります。

ウイルスが宿主細胞と相互作用し感染することで、免疫反応が活性化し、ウイルスに対する抗体が産生されます。これらの抗体の一部はウイルスに結合はできますが、必ずしもウイルス感染を阻止するわけではありません。他の抗体は、ACE2受容体との相互作用を阻害するようにRBDと結合できます。cPass™テクノロジーは、サンプルが、ウィルスと宿主の相互作用、宿主細胞へのウイルスの侵入を特異的に阻害する可能性のあるNAbを含んでいるかどうかを判別するのに役立ちます。

関連製品

GenScript社cPass™SARS-CoV-2中和抗体検出キット(SARS-CoV-2サロゲートウイルス中和検査(sVNT)キット)は、世界初の「迅速なスマート検査キット」であり、ほとんどの研究室または臨床検査室で1時間以内に機能的中和抗体(NAb)を測定することができます。

RUO  CE  HSA  EUA

cPass™テクノロジーを選ぶ理由

代表的なNAb測定検査(ウイルス中和抗体アッセイ)では、生ウイルス、細胞、高度なスキルを持つオペレータ、および、一般的に感度が低く結果を得るのに数日かかる複雑な安全実験手順(BSL 3:バイオセーフティレベル3)が必要です。それとは対照的に、cPass™中和抗体検出キットは、ほとんどのラボで1時間以内に迅速に実施でき、また、ハイスループットの完全自動検査に適しています。

cPass™テクノロジーのもう1つの重要なメリットは、非常に特異的で感度が高く、また、アイソタイプおよび生物種には依存しないことです。現在市場に出回っている抗体検査は、通常、IgMまたはIgGのみに対してアイソタイプ特異的で、ヒト抗体のみに種特異的であり、中和機能を持たない他の結合抗体とNAbを区別することはできません。

Reference


Tan C.W. et al. A SARS-CoV-2 surrogate virus neutralization test based on antibody-mediated blockage of ACE2–spike protein–protein interaction. Nat. Biotechnol. (2020).

VanBlargan L.A. et al. Deconstructing the Antiviral Neutralizing-Antibody Response: Implications for Vaccine Development and Immunity. Microbiol. Mol. Biol. Rev. (2016).


主な特徴

種に依存しません

ヒト検体に限らず、あらゆる種で検査できます

安全で使いやすい

バイオハザード施設が必要ないので、世界中の科学コミュニティにとって非常に利用しやすくなっています

拡張性がある

ハイスループットの自動検査に簡単に適合可能です

映像でご紹介

SARS-CoV-2、中和抗体、およびcPass™SARS-CoV-2NAb検出キッ

中和抗体(NAb)がなぜ重要で、GenScript社によるcPass™SARS-CoV-2NAb検出キットが中和抗体を検出するためにどのように機能する。

資料