細胞株の作製 » レンチウイルスによる安定発現株作製サービス
GenScript Share
Stable Cell Line

レンチウイルスによる安定発現株作製サービス

GenEZ™ Next-Generation Molecular Cloning

安定細胞株は分子生物学研究や創薬研究の中で最も一般的に使用されるツールのひとつで、アッセイ開発や、タンパク質生産、抗体作製などに利用されています。アッセイ実験の安定細胞株作製には多くの時間と人手がかかり、以下の状況に遭遇することもしばしばあります:

  • プラスミド調製の繰り返し、トランスフェクション効率が上がらない、クローン選択が煩雑
  • 目的遺伝子が特定の細胞株にトランスフェクションできない
  • 細胞が増殖するかどうか不安
  • 遺伝子サイズ(最大2 kbまで)によって、クローニングおよびトランスフェクションが制約を受ける

保証型安定プール/シングル細胞由来クローン

GenScriptのCellPowerTMサービスはレンチウイルス形質転換から生成された高収量&高効率な組換え安定プール/シングル細胞由来クローンをご提供しております。弊社のレンチウイルス形質転換における経験と専門知識によって、宿主細胞にご指定の遺伝子を導入できることを保証いたします。

GenScriptは安定細胞株を開発するために、レンチウイルスを使用しない従来の遺伝子導入法を提供しております。

ノックアウトおよびノックイン細胞株に対して、GenScriptはGenCRISPRTMゲノム編集サービスを提供しております。

保証内容

  • 納品に至らなければ無料
  • PCRによるマイコプラズマ検定
  • お客様のニーズに合わせてカスタマイズサービスを提供
  • 目的タンパク質に合わせたスクリーニング方法によって、タンパク質発現量(1 g/L)を保証

保証型安定細胞株サービスの流れ

Stable Cell Line Services for Assay Applications


サービス名
納品
納期
価格
安定プール
(JP_SC1394A)
  • qPCR検定済みの安定プール
  • QCデータを含むレポート
8-10 週間
¥398,400~
シングル細胞由来のクローン
(JP_SC1394B)
  • 2 vials細胞、3X106細胞/vial
  • qPCR 検定したレポート( QCデータ)
12-16週間
¥798,400~

追加機能検証サービス
膜受容体: FACS, ELISA & ウェスタンブロット
トランスポーター:放射分析
プロテアーゼ、キナーゼおよびその他の酵素:基質変換法
核内受容体:核内受容体:レポーターアッセイ
サイトカイン:増殖または他の関連したアッセイ
 

GenScript細胞ホスト

弊社のGPCRおよびイオンチャネル細胞株

研究例


安定細胞株の従来遺伝子転写法

GenScriptはウイルスを使用しない遺伝子導入プラットフォーム。以下はCellPowerTMと非ウイルス安定細胞株開発の比較です。

CellPowerTMレンチウイルス安定細胞株
非ウイルス安定細胞株
レンチウイルスのDNAトランスダクション
任意のにトランスフェクション可能(オリゴヌクレオチド 、RNAまたはDNA)
主要な細胞を含む任意細胞株
一般的な細胞株
目標タンパク質の安定発現
タンパク質を一過性発現または安定発現
qPCR検証されたシングルクローンに対して、12-16 週間
安定性が検証されたシングルクローンに対して、14-16 週間

安定発現細胞株はタンパク質生産にも適用します。安定発現細胞株作製ウェブページの詳細をご覧になれます。

お見積もりと注文

月曜日から金曜日まで24時間体制で、弊社の顧客サービス担当者がお客様をサポートいたします。

電子メール: japanmarket@genscript.com
電話: 03-6803-0843
ファックス: 03-3836-0371 03-4496-5000(受注専用)