You are here: 抗体作製受託サービス » 抗原デザイン
GenScript Share

OptimumAntigen™ 抗原デザインツール

GenEZ™ Next-Generation Molecular Cloning

OptimumAntigen™プログラムによって作製されたペプチドは、産業の最も先進的な抗原設計アルゴリズムを用いて最適化されています。各ペプチドは目的のエピトープ特異性を確認するため、複数のタンパク質データベースを用いて評価されます。

OptimumAntigen™設計ツールを用いる利点は、エピトープの露出度の向上、交差反応性のコントロール、強い抗原性を持つペプチドの選択、最適なコンジュゲーションの選択、免疫応答の保証などがあります。

以下の点に着目してエピトープ露出度と抗原性を最適化します:

  • 配列の長さ

  • 親水性、疎水性、表面配向性、フレキシビリティ

  • 連続・不連続エピトープ

  • 二次構造領域(例:αへリックス、βシート、βターン)

  • 特定のモチーフの回避 (ex. RGDモチーフ、へリックス-ループ-へリックス構造、 GTP結合サイト、SH2ドメイン)

  • エピトープの解析と結合ストラテジー

  • MAC Vector™、DNAstar™、PC-Gene™などの既存の商用ソフトの利用によるアルゴリズムの精度上昇
詳細はこちらをクリックしてください。

免疫応答の保証

  • 免疫にウサギを用いる場合、ポリクローナル抗体のELISA力価は1:64,000以上を保証します。
  • モノクローナル抗体の場合、陽性クローン2種の作製を保証します。
  • 保証基準に満たない場合は、無料で再作製を承ります。

弊社でペプチド抗原のデザイン、合成、コンジュゲーションを行った注文では、99.6%以上でELISA力価が保証基準(≥1:64,000)より高かったことが示されています(右の円グラフ)。

ELISA titer ratio with the antigen designed, synthesized, and conjugated by GenScript

抗体生産の流れ


antigen design and antibody produce

高品質の抗体を作製するためには、最適なペプチド抗原のデザインが非常に重要な最初のステップです。抗原の選択でお悩みの場合は、弊社のペプチド抗原データベースをご使用ください。ご希望のタンパク質に最適なペプチド抗原の選択をサポートいたします。 

OptimumAntigen™ Design Tool Quotation

月曜日から金曜日まで24時間体制で、弊社の顧客サービス担当者がお客様をサポートいたします。

Email: japanmarket@genscript.com
TEL: 03-6803-0843
Fax:03-3836-0371, 03-4496-5000(受注専用)