You are here: 新薬開発サービス » インビトロ薬理学 » GPCR機能性細胞ベースアッセイ
GenScript Share
GPCR Functional Cell-based Assay Service

GPCR機能性細胞ベースアッセイ

GPCR薬の開発における、ハイスループットスクリーニング(HTS: high throughput screening)は化合物ライブラリの中から候補薬をスクリーンする必須のツールです。 以前、リガンド結合アッセイはGPCRsをターゲットする化合物をスクリーンすることに利用されますが、現在、GPCR薬の開発はHTSの機能化細胞ベースアッセイを利用する傾向があります。

カルシウム可動化アッセイはGPCR HTSの実施に最も利用された機能分析です。カルシウム可動化アッセイは Gαq-coupled GPCRsのスクリーニングに適用します。Gαq-coupled GPCRsはシグナル経路により、細胞内ストアからカルシウムの放出を誘導します。一方、カルシウム可動化アッセイは細胞内のカルシウム放出を誘導しないGαi/Gαs-coupled GPCRsのスクリーニングに適応しません。

この問題に対して、GenScriptはキメラまたはプロミスキャス型Gαタンパク質とGαi/Gαs-coupled GPCRsを同時に発現させ、この反応で細胞内カルシウムの動きを測定することが可能になり、新たなハイスループットスクリーニング法として開発しました。そして、GenScriptは候補方法として、cAMP及びLucレポターアッセイも提供します。

実例:

 
Receptor: NK3
Cell Line: CHO-K1/NK3
Assay Mode: Agonist
Measured Product: Ca2+
Assay Method: Calcium assay (Calcium-4)
  Receptor: V1B
Cell Line: CHO-K1/V1B
Assay Mode: Agonist
Measured Product: Ca2+
Assay Method: Calcium assay (Calcium-4)

ハイスループットスクリーニングシステム:

WorkStation NX
FLIPRTetra

GenScriptはFLIPRTETRA?, Biomek® NXP及び データ管理データベースに基づき、最先端のハイスループットスクリーニングシステムを確立しました。このシステムはGPCR およびイオンチャネル薬に対する開発プロセスの早期の導きを判明することに信頼できるハイスループットスクリーニング方法を提供しています。
更に2つ追加されたFLIPRアッセイフォーマットにより、Genscriptはアゴニスト及びアンタゴニストを1つウェルにカルシウム可動化アッセイの様なキネティックアッセイで検出できます。そして、2倍の収量及びスクリーニングコストの削減で、FLIPRアッセイがHTRF® cAMP アッセイのような終点分析法と比較できる様になっております。

機能性細胞ベースアッセイ:

GenScriptは更に多くのGPCR機能性アッセイを開発し続けています。FLIPR-based calcium flux/mobilization アッセイ(Ca2+)、HTRF、cAMP アッセイ(cAMP)、IP-One HTRF? Assay (IP1)及びLucレポターアッセイ (Luc)のような様々なアッセイにより、お客様の要求を満足できるようになりました。

技術サーポトについては、お気軽にお問い合わせてください。

GPCR ファミリー
レセプター
カップリング
アッセイ
細胞株

アセチルコリン (ムスカリン性)

M1 / CHRM1
Gq/11
Ca2+

アセチルコリン (ムスカリン性)

M2 / CHRM2
Gi/o
Ca2+

アセチルコリン (ムスカリン性)

M3 / CHRM3
Gq/11
Ca2+

アセチルコリン (ムスカリン性)

M4 / CHRM4
Gi/o
Ca2+

アセチルコリン (ムスカリン性)

M5 / CHRM5
Gq/11
Ca2+

アデノシン

ADORA1
Gi/o
Ca2+

アデノシン

ADORA2A
Gs
Ca2+

アデノシン

ADORA2B
Gs
Ca2+

アデノシン

ADORA3
Gi/o
Ca2+
M00464

アドレノセプター

ADRA1A
Gq/11
Ca2+

アドレノセプター

ADRA1B
Gq/11
Ca2+

アドレノセプター

ADRA1D
Gq/11
Ca2+

アドレノセプター

ADRA2A
Gi/o
Ca2+

アドレノセプター

ADRA2B
Gi/o
Ca2+
M00454

アドレノセプター

ADRA2C
Gi/o
Ca2+

アドレノセプター

ADRB1
Gs
Ca2+

アドレノセプター

ADRB2
Gs
Ca2+

アドレノセプター

ADRB3
Gs, Gi/o
Luc

アナフィラトキシン

C5a / C5AR1
Gi/o
Ca2+

アンジオテンシン

AT1
Gi/o, Gq/11
Ca2+

アペリン

AGTRL1
Gi/o
Ca2+

胆汁酸

GPBAR1
Gs
Ca2+

ボンベシン

BB1 / NMBR
Gq/11
Ca2+

ボンベシン

BB2 / GRPR
Gq/11
Ca2+

ボンベシン

BB3 / BRS3
Gq/11
Ca2+

ブラジキニン

B1 / BDKRB1
Gq/11
Ca2+

ブラジキニン

B2 / BDKRB2
Gq/11
Ca2+

カンナビノイド

CNR1 / CB1
Gs, Gi/o
Ca2+

カンナビノイド

CNR2 / CB2
Gi/o
Ca2+

化学誘引物質

ChemR23 / CMKLR1
Gi/o
Ca2+

コレシストキニン

CCKA
Gs, Gq/11
Ca2+

コレシストキニン

CCKB
Gq/11
Ca2+

ドーパミン

D1 / DRD1
Gs
cAMP

ドーパミン

D2 / DRD2
Gi/o
Ca2+

ドーパミン

D2S / DRD2S
Gi/o
Ca2+

ドーパミン

D4 / DRD4
Gi/o
cAMP
M00477

ドーパミン

D5 / DRD5
Gs
Ca2+

エンドセリン

EDNRA
Gs, Gq/11
Ca2+

エンドセリン

EDNRB
Gs , Gi/o, Gq/11
Ca2+

遊離脂肪酸

FFA1 / GPR40

Gs, Gq/11

Ca2+

遊離脂肪酸

FFA2 / GPR43
Gs, Gq/11
Ca2+

ガラニン

GAL1
Gi/o
Ca2+

ガラニン

GAL2
Gi/o , Gq/11
Ca2+

グレリン

GHSR
Gq/11
Ca2+

性腺刺激ホルモン放出ホルモン

GNRHR
Gq/11
Ca2+

ヒスタミン

H1
Gq/11
Ca2+

ヒスタミン

H2
Gs
Ca2+

ヒスタミン

H3
Gi/o
Ca2+

ヒスタミン

H4
Gi/o
Ca2+

KiSS1由来ペプチド

KiSS1 / GPR54
Gq/11
Ca2+

ロイコトリエン

CysLT1
Gq/11
Ca2+
M00462

ロイコトリエン

CysLT2
Gq/11
Ca2+

ロイコトリエン

LTB4
Gi/o, Gq/11
Ca2+

ロイコトリエン

OXE / OXER1
N.D.
Ca2+
M00488

リゾリン脂質

EDG4 / LPA2
Gi/o, Gq/11
Ca2+
M00463

リゾリン脂質

EDG6 / S1P4
Gi/o
Ca2+
M00465

メラニン凝集ホルモン

MCH1
Gi/o, Gq/11
Ca2+

メラニン凝集ホルモン

MCH2
Gq/11
Ca2+

メラノコルチン

MC2
Gs
Ca2+

メラノコルチン

MC3
Gs
Ca2+, Luc

メラノコルチン

MC4
Gs
Ca2+

メラノコルチン

MC5
Gs
Ca2+

メラトニン

MT1 / MTNR1A
Gi/o
Ca2+

メラトニン

MT2 / MTNR1B
Gi/o
Ca2+

モチリン

MTLR
Gq/11
Ca2+

ニューロメジンU

NMU1
Gq/11
Ca2+

ニューロメジンU

NMU2
Gq/11
Ca2+

神経ペプチドB/W

NPBW1 / GPR7
Gi/o
Ca2+
M00452

神経ペプチドFF

NPFF1 / GPR147
Gi/o
Ca2+

神経ペプチドFF

NPFF2 / GPR74
Gi/o
Ca2+
M00474

神経ペプチドS

NPS1a
Gs, Gq/11
Ca2+

神経ペプチドS

NPS1b
Gs, Gq/11
Ca2+

神経ペプチドY

NPY1
Gi/o
Ca2+, cAMP
M00192, M00430

神経ペプチドY

NPY2
Gi/o, Gq/11
Ca2+

神経ペプチドY

NPY4 / PPYR1
Gi/o, Gq/11
Ca2+

ニューロテンシン

NTS1
Gq/11
Ca2+

ニコチン酸

NIACR1 / GPR109A
Gi/o
Ca2+

N-ホルミルペプチド

FPR1
Gi/o
Ca2+

N-ホルミルペプチド

FPRL1
Gi/o
Ca2+

オピオイド

OPRD1
Gi/o
Ca2+

オピオイド

OPRK1
Gi/o
Ca2+

オピオイド

OPRL1
Gi/o
Ca2+

オピオイド

OPRM1
Gi/o
Ca2+

オレキシン

OX1
Gi/o, Gq/11
Ca2+

オレキシン

OX2
Gq/11
Ca2+